「赤ちゃんの吐き戻しで茶色いカス、後に血が…専門医に相談するべき理由」

未分類
赤ちゃんの吐き戻しに血が混じることについて

もしも赤ちゃんの吐き戻しに血が混じることがあった場合、それは心配な症状ですよね。そこで、小児科専門医の坂本昌彦医師にその原因と対処法について話を聞いてきました。

まず、坂本医師によると、吐き戻しに血が混じる原因は赤ちゃんの日齢によって異なるそうです。

出生後間もない新生児では、母親の出産時の血液を飲み込んで、それが出てくるパターンや出生時のストレスが原因で胃などの消化管から出血するパターンが多いとのことです。また、ビタミンKの欠乏も原因の一つとして考えられます。

赤ちゃんの日齢によって、吐き戻しに血が混じる原因は異なります。例えば、乳頭や乳管、乳腺が傷ついて母乳自体に血が混じっている場合や、胃や食道の粘膜に負担がかかって出血してしまう場合もあるとのことです。

坂本医師は、「ごく少量の出血であればそれほど珍しくはないが、それが続くかどうかが問題です。症状が続く場合には、受診が必要です。手術が必要な病気や血液の異常が原因の場合もあるため、詳しい検査を行います」と話します。

検査の結果によっては、出血傾向の有無やビタミンKの不足、消化管閉塞などの病気が隠れていないかを調べる必要があるそうです。

坂本医師は保護者に対して、「結果的に何も問題なければ安心して帰宅し、育児を続けることができますので。心配なままだと、ただでさえ疲労困ぱいの産後がさらにしんどくなってしまいますから、わからないときは気兼ねなく小児科を受診し、早めにご相談いただいて大丈夫です」とアドバイスしています。

赤ちゃんの吐き戻しに血が混じることは、保護者にとって心配な症状です。保護者は迷わずに心配な状況であれば、病院に連れて行くことをおすすめします。

医師のアドバイスによると、赤ちゃんが吐き戻す症状には様々な原因が考えられるため、保護者の判断は難しいとのことです。

育児において、専門家のアドバイスやサポートは大変重要です。試行錯誤の日々の中で、安心して赤ちゃんに対処するためにも、専門家の意見を聞くことが大切です。

【まとめ】

赤ちゃんの吐き戻しに血が混じる症状は、様々な原因が考えられます。保護者は、症状が続く場合や心配な場合には迷わずに小児科を受診し、専門家に相談することが重要です。

FAQ

Q: 吐き戻しの血、どのくらい心配?

A: ごく少量の出血であればそれほど珍しくはないが、症状が続く場合や心配な場合には迷わずに小児科を受診し、専門家に相談することが重要です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました