赤ちゃんの鉄分補給に役立つオートミールの使い方と離乳食レシピ

未分類
赤ちゃんの鉄分補給に便利な離乳食レシピ

赤ちゃんにおすすめの鉄分補給離乳食レシピ

赤ちゃんは生後6ヶ月ごろから鉄分が不足しやすいため、鉄分が豊富な食材を離乳食に使うことが大切です。

中でもオートミールは赤ちゃんの鉄分補給にぴったりで、手軽に離乳食に取り入れられるのが魅力です。

今回はオートミールの鉄分の含有量や取り入れ方、またオートミールを使った簡単レシピについて、管理栄養士が紹介します。

オートミールが赤ちゃんの鉄分補給に便利な理由

オーツ麦から作られるオートミールは、シリアルのように主食の代わりとして使えます。

オートミールは鉄分が豊富で、離乳食にも使いやすいため、ぜひ活用したい食材です。

赤ちゃんの鉄分補給におすすめできる理由を詳しく見てみましょう。

1.鉄分の含有量が豊富

オートミールは主食の中でも特に鉄分が豊富です。

オートミールは1食あたり0.6mgの鉄分が含まれています。

生後6~11ヶ月ごろの赤ちゃんの1日に必要な鉄分は、男児5.0mg、女児4.5mgと、たくさんの量が必要とされているため、オートミールは鉄分強化に役立ちます。

オートミール以外にも、肉や魚、大豆製品、野菜など、鉄分の豊富な食材を積極的に取り入れるようにしましょう。

鉄分の豊富な食材について、詳しくは「離乳食に使える鉄分が多い食材」の記事で紹介しています。

2.調理が簡単

オートミールは電子レンジで簡単に調理でき、加熱時間も1分程度でよいため、手軽に取り入れられる点も魅力です。

おかゆやパンがゆを作り忘れたときや、調理が面倒なとき、また手軽な朝食として取り入れるのもよいでしょう。

3.離乳食初期~中期ごろから取り入れられる

赤ちゃんが持っている鉄分は、生後6ヶ月ごろから不足しやすくなるため、離乳食初期~中期ごろから取り入れられるオートミールは、鉄分補給に便利です。

オートミールは離乳食初期(生後5~6ヶ月ごろ)から取り入れても問題のない食材ですが、食物繊維が多いため、離乳食に慣れてきたころから取り入れると安心です。

4.アレンジしやすい

オートミールは簡単にアレンジしやすく、さまざまなメニューに使えます。

例えば、きな粉、バナナなどの果物、野菜をあわせると、さらに栄養価がアップ。

おいしく食べられて、飽きずに続けやすいのもうれしいポイントです。

オートミールの使い方と注意点

オートミールの使い方や、取り入れる際の注意点を知っておきましょう。

はじめは1さじからあげる

オートミールをはじめてあげる際は、1さじからあげるようにしましょう。

オートミールは食物アレルギーの原因となることがあるため、少量ずつ試していく必要があります。

1さじを問題なく食べられたら、翌日以降に徐々に量を増やすようにしましょう。

1食あたりの目安の量

オートミールの離乳食の目安の量は、下記のとおりです。

あくまで目安の量であるため、オートミールや水分の量を増減させても問題ありません。

赤ちゃんが食べられる量や、お腹の調子に影響のない量をあげるようにしましょう。

種類は「クイック」か「インスタント」がおすすめ

離乳食に使うオートミールの種類は「クイック」か「インスタント」を選びましょう。

オートミールにはいくつか種類がありますが、クイックやインスタントは消化にやさしく、離乳食に使いやすい種類です。

パッケージに「クイック」や「インスタント」または「加熱済」などと記載されているため、よく確認してから購入するようにしましょう。

お腹の調子を見ながらあげる

オートミールは食物繊維が多いため、食べすぎると便がゆるくなったり、反対にかたくなったりすることがあります。

毎日食べても問題はないのですが、便の調子を見て、頻度や量を調節してあげるようにしましょう。

【中期~後期】鉄分たっぷりオートミールレシピ

離乳食に便利なオートミールは、水やミルクのみで調理しておかゆのように食べるのもよいのですが、さまざまなアレンジが可能です。

今回は電子レンジで簡単に作れて、鉄分もたっぷり摂れるレシピ3つを紹介します。

レシピの写真は離乳食中期を想定していますが、食材の切り方を大きくすれば、離乳食後期でも食べられます。

オートミールの量と水分量はどちらも記載しているため、参考にしてみてください。

納豆とほうれん草のオートミールがゆ

鉄分を含む納豆とほうれん草を組み合わせた、和風味のオートミールがゆです。

ほうれん草はパサパサしやすく、赤ちゃんが飲み込みづらいことがある食材ですが、オートミールや納豆などのとろみのある食材と組み合わせると食べやすくなります。

ツナとトマトのオートミールがゆ

次は、鉄分を含むツナ缶を使ったレシピです。

ツナ缶とトマトのうまみと、オートミールの風味がよくあいます。

ツナ缶は手軽に鉄分を補給できるため、離乳食にぜひ取り入れたい食材です。

きな粉とバナナのオートミールがゆ

最後は、鉄分を含むきな粉を使ったオートミールがゆです。

きな粉は手軽に離乳食にプラスでき、鉄分以外にもカルシウムや食物繊維も強化できます。

きな粉の香ばしい香りと、バナナの甘さがよくマッチして赤ちゃんも食べやすいレシピです。

今回は、きな粉の代わりにスクスクダイズを使用しています。

スクスクダイズはきな粉と同じように使えますが、鉄分強化されているのが特長です。

ヨーグルトにかけたりおかずに混ぜたりといろいろな使い方ができ、離乳食はもちろん、幼児食以降の栄養補給としても、長く活躍してくれます。

今回紹介したレシピは、家にある材料で簡単に作れるものばかり。ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

赤ちゃんの鉄分補給にはオートミールが便利であることがわかりました。鉄分の含有量が豊富であり、調理が簡単なうえ、アレンジしやすい食材です。離乳食の際には適量を守りながら、赤ちゃんの成長に合わせて取り入れていきたいですね。

FAQ

Q: オートミールは何ヶ月くらいから食べさせるのが良いですか?

A: 離乳食初期から取り入れることができますが、食物繊維が多いため、離乳食に慣れてから取り入れることをおすすめします。

Q: 鉄分を補給するためのオートミールの目安量はありますか?

A: 生後5~6ヶ月ごろの初期から、生後12~18カ月の完了期まで、適切な目安の量があります。ただし、赤ちゃんの食欲やお腹の調子に合わせて調節してください。



Source link

コメント

タイトルとURLをコピーしました