子どもに同時に流行する感染症、インフルエンザやプール熱に注意!

news
感染症予防対策の重要性

季節の変化による予防対策の重要性

インフルエンザや咽頭結膜熱などの感染症が子供たちを中心に流行し、これらの感染症は警報レベルに達しています。新型コロナウイルスの予防対策の影響で、流行する時季が大きく変化しており、小児科医は診察とワクチン接種に追われています。

ふるた小児科クリニック(札幌市西区)には17日、次々と親子連れが訪れていました。長女(7)が季節性インフルエンザだった母親(46)は「今年は1カ月半に1回くらい発熱している」と話していました。

古田博文院長によると、最近はインフルエンザや咽頭結膜熱の患者が増えており、新型コロナウイルス感染者も毎日報告されています。インフルエンザの流行が早くなったため、予防接種のタイミングと重なり、小児科では受診件数が増加しており、古田院長は「小児科クリニックはどこも混雑しており、受診できない例も出ている」と話しています。

北海道感染症情報センターによると、通常は11月から翌年2月にかけて流行していたインフルエンザが、今年は10月下旬に流行が始まり、患者数が増加しています。10歳から14歳の患者数が最も多く、幼児から10代の子供たちが目立っています。感染者の数が大幅に増加しており、学級閉鎖や休校も増加しています。

通常夏に流行する咽頭結膜熱も、今年の時季に増加しています。過去10年間で4人を超えたことがない感染者数が、今年は6.88人に達しています。また、RSウイルスも春から夏にかけて流行しました。新型コロナウイルス感染者数は減少傾向にありますが、冬に向けて再び増加する可能性がありますので、注意が必要です。道感染症対策課は、「せきエチケットや手洗いを徹底し、タオルの使い回しを避けることなど、各種感染予防対策を実施してほしい」と呼びかけています。

コロナ5類、抗体の獲得機会が少なく感染リスクが増加

新型コロナウイルスの予防対策により、子供たちの免疫力が低下したという見解がありますが、それは事実なのでしょうか。感染症の流行の変化について、日本小児感染症学会理事で北大病院感染制御部部長の石黒信久さん(64)に聞いてみました。

石黒信久さんによると、コロナの予防対策により、子供たちの免疫力が全般的に低下したというのは事実ではありません。ただし、ここ数年はコロナ対策の影響で、さまざまな感染症の流行が抑えられていました。それにより、さまざまな抗体を獲得する機会が少なかったことが指摘されています。

抗体は感染症ごとに異なります。ある感染症にかかると、それに対する抗体を獲得し、しばらくは再感染しないで済みます。しかし、別の感染症に対する抗体を獲得していないために、その感染症にかかる可能性があるのです。

多くの感染症は、一度抗体ができても時間がたつと抗体の量が減少し、再び感染します。コロナの5類移行後、人々との接触が増加したことや、前回感染から時間がたったこと、またはかかったことがない感染症に一気にかかっていると考えられます。感染リスクの増加につながります。発熱がある場合は、十分な水分補給が重要です。また、重症化を予防するために、ワクチン接種が効果的です。インフルエンザやコロナウイルスのワクチン接種を推奨します。感染を防ぐためには、帰宅後の手洗いやうがいも大切です。

取材・文/尾張めぐみ(北海道新聞記者)

まとめ

今回の記事では、季節の変化に伴う感染症の増加やコロナ対策の影響による抗体獲得機会の減少について取り上げました。感染症予防の重要性やワクチン接種の効果についても触れました。一つでも多くの感染症から子供たちを守るために、適切な予防対策が求められています。

FAQ

子供の免疫力が低下していますか?

コロナウイルスの予防対策は必要ですが、子供の免疫力が全般的に低下しているわけではありません。ただし、他の感染症にも注意が必要です。

どのような予防対策が効果的ですか?

手洗いやうがい、マスクの着用、ワクチン接種などが有効です。外出から帰ったら手洗いを徹底しましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました