「楽しい赤ちゃんの誕生!横浜と西新宿でLOVE WALKERが喜びをシェア」

news

みなさん、こんにちは!

横浜・八景島シーパラダイスの飼育員がお届けする「生きもの日記」。第32回は「ふれあいラグーン」でオタリアなどの鰭脚類やケープペンギンの飼育を担当している西川弥緒がお伝えします。

前回の記事はこちら。
■個性豊かなプレーリードッグたち

※過去の連載記事はこちら:横浜・八景島シーパラダイスの飼育員生きもの日記

「ふれあいラグーン」では、2023年7月21日にオタリアの赤ちゃんが誕生しました!横浜・八景島シーパラダイスでのオタリアの繁殖は12年ぶりです。お父さんは「レオ」、お母さんは「カシス」です。元気なメスの赤ちゃんがすくすく成長しています。

2023年の夏はコロナ禍を乗り越えて日本各地でお祭りが再開したことから、お祭りのように人々を集め、笑顔に出来る存在になってほしいという思いを込めて「まつり」と名付けました。

↑お母さんの「カシス」と「まつり」

産まれた時は8.8kgだった体重も、まもなく生後4ヶ月を迎える今では25kgまで成長しました。

↑産まれてすぐの様子

まとめ

[記事の内容に基づいたまとめの文章をここに記載します]

よくある質問

Q:「まつり」の展示エリアでの見学時間はありますか?

A:はい、ふれあいラグーンで「まつり」を見ることができます。開園時間内であればいつでもご覧いただけます。

Q:シーパラダイスへのアクセス方法を教えてください。

A:シーパラダイスへは電車やバスを利用してアクセスすることができます。詳細は公式ウェブサイトをご確認ください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました