「赤ちゃんの頭の形を矯正する新技術を学ぶ!外来小児科学会でのセミナー&展示会」

news
赤ちゃんの頭の形の歪みについて

赤ちゃんの頭の形の歪みについて

 近年、赤ちゃんの頭の形の歪みに対する社会的な関心が高まっています。そのため、第32回日本外来小児科学会年次集会において、赤ちゃんの頭の形の歪みに関する製品や治療についてのランチョンセミナーおよび機器展示が行われます。この記事では、歪みの原因や矯正方法について解説します。

歪みの原因

 赤ちゃんの頭の形の歪みは、病気によって引き起こされるものと、外部からの圧力によって起こるものと大きく2つに分けられます。後者の歪みは、主に寝ぐせなどによって頭の形が歪んでしまっていることを指し、「位置的頭蓋変形症」と呼ばれます。

当社の乳児用頭蓋矯正ヘルメット

 当社が提供する「乳児用頭蓋矯正ヘルメット」は、頭の形の歪みを矯正する製品であり、3Dプリンターによって完全オーダーメイドにて製造しています。日本各地の大学病院や基幹病院、クリニックと提携し、症例数は12,000以上にのぼります。

ランチョンセミナー情報

2023年9月10日(日)11:40~12:40 メインホールG3+G4(1階)

司会:西巻滋先生(0歳からの頭のかたちクリニック 横浜市立大学)

演者:草川功先生(0歳からの頭のかたちクリニック 聖路加国際病院)

【抄録】

 我が国の小児科学の教科書の中には、位置性頭蓋変形についての記述はなく、その認識についての変化について述べます。

※お弁当付きの整理券は上限数に達しておりますが、お席にはまだ余裕がございます。

事前の申込等は不要で自由にご参加いただけます。

企業展示

 年次集会が行われる2日間、企業展示ゾーンにて3Dプリンターで製造している頭蓋矯正用ヘルメットを実際にお手にとってご覧いただけます。当日は実際に提携先医療機関をサポートしているスタッフが会場におりますので、当社のヘルメットの特長やサポート体制、また治療そのものに対するご質問等についてご説明させていただきます。

会期・会場情報

会期:2023年9月9日(土)・10日(日)

会場:パシフィコ横浜ノース

【0歳からの頭のかたちクリニックについて】

 0歳からの頭のかたちクリニックは、国内トップクラスの頭のかたち治療実績と症例データを活用し、すべての赤ちゃんとご家族に寄り添うクリニックです。治療においては、ご家族のお考えを尊重し、最先端の専用スキャナーで頭のかたちを計測し、客観的なデータと医師のアドバイスによって治療方針を決定しています。

【赤ちゃんの頭のかたち測定アプリについて】

赤ちゃんの頭のかたちの測定は、専用の3Dスキャナーだけでなく、「赤ちゃんの頭のかたち測定アプリ」でも行うことが可能です。無料で使用できるアプリは、写真を撮るだけで赤ちゃんの頭のかたちを簡単に計測することができます。

「赤ちゃんの頭のかたち測定」アプリ

【iOS版】 【Android版】

【製品情報】

・Qurum(クルム)

長年、頭蓋形状矯正ヘルメットの製造を行ってきた株式会社ジャパン・メディカル・カンパニーが、脳神経外科、小児科、新生児科、小児外科、形成外科の先生方から監修を受け新たに開発。最先端の3Dプリンタによる日本製ヘルメットで、高い通気性でムレにくく、ヘルメットだけでなくクッション自体も水洗いが出来ます。メカニズムからデザインまで、赤ちゃんに必要なことをカタチにしました。

【株式会社ジャパン・メディカル・カンパニーについて】

株式会社ジャパン・メディカル・カンパニーは、最先端の3Dプリンティング技術を用いて、医療のカタチを革新するものづくりベンチャー企業です。赤ちゃんの“頭のゆがみ“を矯正するヘルメットの開発、製造、販売を行っております。

ヘルメットを用いた累計症例数は12,000症例以上の実績があり、ヘルメット治療のさらなる認知拡⼤を図るとともに、頭蓋形状矯正という概念そのものと疾病啓発の普及に取り組んでまいります。

■社名:株式会社ジャパン・メディカル・カンパニー

■設⽴:2018年5⽉

■代表取締役CEO:⼤野秀晃

■事業内容:医療機器の開発・製造・販売、医療雑品の開発・製造・販売

■URL:https://japanmedicalcompany.co.jp

株式会社ジャパン・メディカル・カンパニーのプレスリリース⼀覧

株式会社ジャパン・メディカル・カンパニー 社長室 柳本瑞穂

TEL:03-5829-8342 / choice@japanmedicalcompany.co.jp

まとめ

赤ちゃんの頭の形の歪みについては、その将来に影響を及ぼす可能性があります。しかし、最新のヘルメット治療やアプリなどを活用することで、早い段階での対応が可能です。会期中のランチョンセミナーや企業展示を通じて、医療関係者やご家族の皆様に情報を提供し、製品や治療に関する理解を深める機会となるでしょう。

FAQ

Q:ヘルメット治療はどのくらいの期間行われるのですか?
A:個々の症例により異なりますが、通常6ヶ月~1年程度の治療期間が必要です。

Q:ヘルメット治療は保険が適用されるのですか?
A:治療内容により異なりますので、担当医にご相談ください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました